TOP.Pへ⏎

 

城 名

所 在 地

主な城将

標高

備 考

赤坂山砦

阿賀野市草水字赤坂

草水左京亮

48

安田氏の臣

戊辰戦争の赤坂古戦場

 

阿賀野川左岸より、砦跡を望む!

 

国土地理院・陰影起伏図」で見る、「赤坂山砦跡」!

現地案内板

 

良く見えないので、案内板を拡大してみました!

忠魂碑への入口

阿賀野川左岸より!

1974~78年頃の空中写真より見る、「赤坂山砦跡」付近!

 

阿賀野川右岸より

 

 

 

 

砦の空堀跡

お化け屋敷ではありません、砦跡です!

忠魂碑も良いが、藪退治もお願い!

 

 安田町史 中世編より!

1961~69年頃の、空中写真!

(この頃の国道49号は未だ整備されていない。旧・会津街道が利用されている。)

1947.9.24.(昭和22年)、米軍による空中写真で見る、「赤坂山砦跡」付近!

A地域は【安田町史】で説明されている地域であるが、B地域の雰囲気も要害跡の臭いがしないか?)

 

 

堀跡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本城の草水城が、くすんで見える!

旧道入口

 

特徴

 藤戸川が阿賀野川本流に流れ込む右岸(現・国道49号線の南側)に戊辰戦争時の忠魂碑が祀られている丘と、その西側一帯に、安田氏の家臣・草水氏が守っていたと言われる赤坂山砦跡がある。

付近一帯は猛藪で、好き者でなければ足を踏み込まないだろう。しかし藪を透かして見れば西側から北側にかけて土塁を築き、その外部に堀を巡らせた重厚な要害である。阿賀野川寄りの土塁は阿賀野川の氾濫で崩れたのであろうか。阿賀野川を下って攻め寄せる会津・蘆名氏を警戒し、舟運を監視する砦でもあったのであろうか。

 この地域は会津口から安田・水原方面や五泉方面へも抜ける重要な地域で、幕末の戊辰戦争でも激しい戦がここで行われたと伝えられている。

TOP.Pへ⏎